ダイエットモチベーションの上げ方

こんにちは!

北千住駅から徒歩3分、女性専用パーソナルジムPeili【ペイリ】の竹田です。

ダイエットのモチベーション維持って難しいですよね。

最初の頃は、食事をきちっと守ってジムにも入会して頑張るのですが、外食や飲み会で食事が乱れたり、せっかくジムに行ってもマシンが使えなかったり、雨が降ってしまえば行くこと自体が面倒臭くなってしまいます。

そんなダイエットのモチベーションが上がらない方に向けて、ダイエットの考え方やモチベーションの上げ方をお伝えしていきます。

最終ゴールと小さな目標をつくる

ジムに来られる多くの方が最終的なゴールをお持ちですが、その手前の目標がない方がほとんどです。

漠然と大きなゴールを掲げるのではなく、それまでに小さな目標も作りましょう。

「富士山に登りたい!」と決めたら、まずは登山グッズを揃えて、山の登り方を調べて、体力づくりで高尾山に登って…と準備やプランが必要です。

ダイエットの最終目標を達成するためにも、準備とプラン(小さな目標)が大切。

ただ痩せたいと思いながらダイエットを始めるのではなく、まずは最終ゴール

「来年の3月まで-10kgしたい」

と、いつまでにどうなりたいのかを決めます。

そして

【これなら私にも継続できそう】

と思える方法を見つけ出し

・1ヶ月に-2kg

・お菓子は1日1個まで

・毎日5000歩歩く

・朝の菓子パンをやめる

という小さな目標を作ります。

あとは、日々の生活の中で小さな目標を1つ1つクリアしていくことで、小さな達成感が積み上がります!

達成感があると「私にもできる」という自信につながり、モチベーションも維持しやすく最終ゴールまで頑張ることができるのです。

痩せたい理由を書き出す

人は思っていることを紙に書き出すだけで、目的や目標の整理がつきやすくなります。

それを目のつく所に貼っておけば、記憶にも残って行動に移しやすいです。

ダイエットも同じで、頭の中で「痩せたい」と思っていても、日々の生活に追われて「思っているだけ」で毎日が過ぎ去ってしまいます。

ダイエットを始めようと思ったら、まずは紙にその理由を書き出しましょう!

・健康診断で指摘されたから健康になりたい

・知り合いがダイエットに成功して別人になったから、私も変わりたい

・最近歩くだけで疲れてしまうから、体力をつけて生活を楽にしたい

・今まで履きたかったスキニーパンツを着こなしたい

・友達の結婚式があるから、私も綺麗にドレスを着たい

など、ただ痩せたいだけでなく、痩せたその先には目的があるはずです。

これを明確に書き出すことで、ダイエットでモチベーションが下がった時も「痩せたい理由」を思い出し、なりたい自分を想像しながら頑張ることができます。

100点満点中、70点を目指す

ダイエットを成功させるには満点を目指さないことです。

今までの生活習慣や食事の内容が40点くらいだった人が、いきなり100点の食事と運動習慣を始めると大きなストレスで挫折したり、反動で暴飲暴食に走りやすくなります。

ダイエットは長距離走ですので、一時的にしか頑張れない食事や運動習慣は継続が困難。

継続ができなければ、元の体に戻ってしまいます。

また、SNSに挙げられたダイエット食などを参考にする場合、自分の食嗜好やライフスタイルが似ている人の食事を参考にしましょう。

大会に向けて減量をしている人の食事や仕事のために体型を維持しなければいけないモデルさんの食事は、一般のダイエット向けではありません。

女性の場合、低脂質な食事になりすぎるとホルモンバランスが乱れて、肌荒れや便秘、生理不順などを招きます。

運動をせずに高タンパク質すぎる食事をとっても、摂り過ぎたタンパク質は脂肪として蓄積されます。

まずは自分でも継続できる70点を維持していくことで無理なストレスも軽減し、モチベーションを維持しやすくなります。

他人と比較しない

ダイエットは他人と比較するものではありません。

仕事のストレスや生活習慣、家族構成、外食頻度など誰1人として同じではないので、他人と比べて劣等感を感じてはいけません。

比較するのは自分自身です!

以前の自分と比較して

「何が変わってきたか」

を具体的に感じることで、達成感が生まれて

「自分でもできる」

というモチベーションにつながります。

ダイエットは長期戦ですので、モチベーションが下がる時期も必ず訪れます。

しかし、これらを意識しておくだけでダイエットも気楽に考えることができ、下がったモチベーションも上げやすくなります。

ダイエットはイベントではないので、長期で継続できる方法と日々達成しやすい目標を作りながら頑張っていきましょう!

投稿者プロフィール

女性専用パーソナルジムPeili TAKEDA
女性専用パーソナルジムPeili TAKEDAオーナー兼トレーナー
前職は女性警察官。
大手女性専用ジムを経て、北千住駅から徒歩3分圏内に女性専用パーソナルジムをオープン。
・NSCA−CPT(米国パーソナルトレーナー資格)保持
・日本肥満予防健康協会認定JOPHダイエットアドバイザー保持